“女性専用車”に飛び乗る

女性専用車案内仕事で外出。
駅の改札を通ったら、ちょうど電車が停まっているところだったので、慌てて飛び乗った。
朝、9時半ちょっと前の電車。
その一番後ろの車両は、“女性専用車”だった。それも、朝の9時半までの。

隣の駅で降りる予定なので、そのままとどまっていてもよかったのだろうけれど、隣の駅の階段は一番先頭の方にある。
そんなわけで、女性専用車の中を突っ切って、隣の車両まで歩くことにした。
朝の通勤時間帯のピークは過ぎているからか、車内は全員が着席できる程度の混み具合。
つまり、隣の車両までは何の障害もなく、すたすたと通り抜けることができた。
でも唯一、「なんでこの車両にオトコが乗っているのよ!?」と、ときどき感じる冷たく刺すような視線だけが、キツかった。

扉が閉まりそうだったから致し方なく乗っただけなのだし、通り抜けようとしているんだからいいじゃないか!

皆さんは、どう思いますか? 許してくれませんか?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 太巻きおばばさま

なるほど、ベルリンは男女平等ですか。

欧州、特にゲルマン系の社会は、女性が日本人のように“弱さ”を武器にしたりしないようなイメージがありますね。
そうなれば、男性も対等の相手と意識しやすくなるでしょうし、当然、男性が女性を下に見るという意識もなくなるでしょう。
性別にかかわらず一個人として対応する理想的な社会ですね。

No title

ベルリンは男女平等です~。
だから、女性専用なんて作ったら
社会問題になるかもですよ。

その前に、痴漢は居ません!
これ、断言できます。
勿論、私自身にも問題はあるでしょうが(笑)
痴漢に遭ったことは有りません。
ベルリン、同性愛者が多く、
ちなみにベルリン市長さんは、×モです~。

Re: kamezoさま

鉄道の中で乗客が守らないルールとしては、女性専用車よりも携帯電話関連あれこれの方が問題は大きいと感じています。

どれも、「まあいいやんか」という自分への甘さから守られていないことばかり。

それに比べれば、ぎりぎり飛び乗り女性専用車なんて、許されることだと思いますが、ねぇ。

確信犯的な乗客には

無言で圧力をかけている雰囲気がある・・・
と、ウチの妻は言っていました。

が、女性専用車を選んで乗っているわけではないようなので
参考にはならないかもしれませんが・・・

過去に、何らかの嫌な思いをしたことがある女性の方が
多く乗車している車両なのだろうなと、話を聞いていて僕は感じました。
なんというか、疑わずにはいられない?
空気が流れている車両なのではないでしょうか。

僕は、年に数回しか電車に乗らないのですが
男性専用車両に、率先して乗りたいとは思いません。
て、そんな車両は、必要があるのでしょうか?

この問題は、喫煙所問題と似た雰囲気を感じます。
喫煙者がモラルを守れなければ、解決は難しい・・・というのが
わかっているのに、何故か守れない喫煙者がいる・・・悲しいです。

て、話が長くなってしまいましたが・・・
I.Z.さんの行動は、全く問題ないと思いますよ!

Re: yuusuke320さま

“禁断のボタン”、押してみたい気持ちはよくわかります。
でも、もし押されるなら、ボクが乗っていない路線&時間帯にしてくださいね。(笑

Re: kamezoさま

“うっかり”ならば仕方ないですし、おそらく「うっかり乗っちゃったんだろうなぁ」と判断できるだけの空気を醸しているはずですから、許せると思うのですが、“確信犯”的なヤツにはどういう反応を示しているんでしょうね。
まあ、ひと駅ぐらいならば折衷してあげてもいいと思うのですが、どうなんでしょうね。

ところで、kamezoさん、「男性専用車両」がもしあったら、率先して乗りますか?

Re: 太巻きおばばさま

“男装をした女性と思う事にします。”って、それ、ボクの方がちょっとイヤです…。(苦笑

で、“ベルリンでは珍しい事ではないかもです。”ってのは、男装した女性がってことですか?
(ふと、『Hedwig and the angry inch』を思い出しまして…。(笑)

ベルリンにも「女性専用車両」なんてあるのでしょうか?

Re: 東京メトロン星人さま

遅くなりましたが、コメントありがとうございました。

“許さない人が許されない”
まさにその通りだと思います。
ボク自身は、基本的には乗っていてはいけない車両であると認識していて、だからこそ隣の車両にすたすたと移動したのに、その様子を座席に座りながら上目遣いに睨むとは…。

こちらは協力しているのだから、理解を示してほしかったですね、ホント。
応援演説、ありがとうございました。

それから、“メトロン星人”という名前、懐かしかったです。

Re: 通りすがりさま

遅くなりましたが、たいへん参考になりました。
全く同感ですね。
鉄道会社が決めたマナーを、“特権”と勘違いして差別的な目で見る行為、イヤですからねぇ。
“特権”だと思っていただいても構いませんが、状況を理解できるだけの心の余裕も持ち合わせていただきたいもの。
いやぁ、応援演説、ありがとうございました。

No title

 「差別と区別」 どちらも戸惑うんですよねー
 シャイなオイラなら電車の緊急停止スイッチを押してでも降りたい。 なんてことを妄想しました。 いつか、一度でいいからアノボタンを押したい。との願望が湧きました。 ナンテ・・・

ウチの妻は

電車通勤なので、朝はよく女性専用車両に乗るそうですが、
たまにいるそうですよ、うっかり駆け込んでくる男性の方。
でも、まったく気にはしていないようです。
だって、気にしても仕方がないですよね?

あ、女性専用車両は、比較的、空いていることが多いので
確信犯的に?乗ってくる方もいるそうですが、
そういう人と違うということは、雰囲気でわかるのでしょうね。
なので、間違えて乗るのは大丈夫ですよ。きっと。

No title

大丈夫、男装をした女性と思う事にします。
ベルリンでは珍しい事ではないかもです。

許さない人が許されません

>皆さんは、どう思いますか? 許してくれませんか?

そもそも女性専用車両は「男性立入禁止車両」ではありません。優先席に健常者が座っていてもそれが即違反行為とはならないように、これは強制力があるものではなくただ単に利用者の善意や自主的な判断に期待しているに過ぎないものなのです。もし女性専用車両の男性への立ち入りを許さないとなれば、それはそんな考えで男性を追い出した側が法律的にも道義的にも責任を問われます。ただ協力を引き出すための「お願い」までしか出来ないのです。

ましてや発車寸前の乗車(駆け込み乗車の是非は措いておきます)通り抜け、うっかりで男性が女性専用車両に立ち入ったとしても、それこそ強制排除や批判を受ける筋合いなどありません。そういったことがあれば、列車の停車や車内が空くタイミングを待ってゆっくりと“協力”すれば良いのです。

まず知っておいてほしいのが、女性専用車両は「男を乗せない車両」じゃないってこと。
「男に自主的に乗車しないことに任意の協力をお願いする車両」として運用されているというのが実情だ。
協力を本人の意志に任せた運用である以上は、協力しないことも本人の意志であり、とどのつまり、あんたは何も悪くない。

とはいえ、その行為が迷惑なものなら、協力しないことは非難されるべきだ。
でも、「ただ男というだけの客が乗車すること」を迷惑に思うって、どういう感覚の持ち主だろう?
それを説明できるまともな道理は、俺には考えもつかない。
結論として、女性専用車両に乗り、乗ってくる男をにらみつけるような女は、まともな理由もなく、ただ男を「差別したい」がために乗っているのだろう。
そんなレイシストたちの視線など、気にするだけバカらしい。

俺は女性専用車両についてこんな風に思ってるが、参考になったかな。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: