一週間のはじまりに

信念に忠実にこれまでやってきただけなのに、結果的に時代の変化に対応できていなくて、時流に合わなくなってしまった。
幕末という激動の時期だったから、なにも悪いことはしてきていないにもかかわらず、投獄され処刑されてしまう。
-そんな話が、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、ここ数回にわたっての背景で描かれています。

「変化に対応できる生物だけが生き残れる」
「進化論」の中でダーウィンがそう語ったとか語っていないとか言われつつも、ここ数年、ビジネスの場において識者が好んで引用している言葉が今、『龍馬伝』の中で映像化されています。

そんな時に、ボクのブログをたびたび訪問してくださっているひなあじさん記事に、こんな言葉がありました。
~慣れは進化を妨げる~

その通りです。
ボクもあやうくそんな“慣れ”につぶされそうになるところでしたから、よくわかります。

“慣れ”に陥らないようにするためには、ひとつ上の視点で自分を確認することが大切。
これ、皮肉のひとつもひねり出そうと“上から目線”になることとはだいぶ違いますからね。
自分自身を、客観的に俯瞰で見ること。そうですね、大河ドラマを見るようなことですかネ。
しかも、それは自分自身が主人公のものではなくて、感情移入しにくい脇役に自分がキャストされているような脚本で…。

ちょっと想像してみたら、意外と面白そうですね、それ。

「人生は芝居だ 大芝居だ」
(↑インド映画 『ムトゥ 踊るマハラジャ』 から:長い上映作品の途中に入る休憩時間を知らせる画面に)

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: