大銀杏

鶴岡八幡宮の御神木、大銀杏 が倒れてしまったから見物というわけではないのですが、暖かい陽に誘われて、なぜか鎌倉へ。

鶴岡八幡宮 二の鳥居 鶴岡八幡宮 段葛


駅前を若宮大路に抜けて、二の鳥居から境内入口の三の鳥居までつづく 段葛(だんかずら) は、春は桜の名所ですが、今はまだの状態。あと二週間ぐらいでしょうか。

鶴岡八幡宮 彼岸桜 鶴岡八幡宮 彼岸桜


境内に入ってすぐの源平池の畔に、一本だけ桜の咲いている樹がありました。
もちろんソメイヨシノではなく、彼岸桜です。
この桜をバックに、多くの人たちが記念写真を撮っていました。

鶴岡八幡宮 参道


暖かい昼下がり、境内には、やはりけっこうな人出。
そしてその境内のほぼ中央、舞殿から本宮に昇る大石段の下手側に、この3月10日に倒れてしまった 大銀杏 がありました。

鶴岡八幡宮 大銀杏 鶴岡八幡宮 大銀杏


樹齢は推定1,000年の御神木で、県指定天然記念物の 大銀杏 は、僧侶の公暁(くぎょう)が父の仇である第三代将軍、源実朝を暗殺するためにこの樹に隠れて待ち伏せしたといわれることから 隠れ銀杏 とも呼ばれているそうです。
そんな、暗殺者を隠した 大銀杏。今はかなり厳重に白いシートで目隠しがなされ、参拝客にその姿を見せないような措置が執られています。
御神木ですから、重篤な状態を好奇の人目に晒してしまうのは、やはりよくないこと。
最初はカメラを構えていたボクも、思い直してこれ以降の撮影は控えることにしました。

3月10日未明の強風で倒れたといわれている、この 大銀杏
倒れて見れば、中が空洞状態だったとも報道の記事にありました。
中身が空洞ならば、巨木といえども大風には抗いきれず、根こそぎ簡単に倒れてしまう-
朽ち果てる時にさえ、物言わずとも自然はわれわれに訓戒を残すのですね。
倒れてしまったこの樹を、なんとかして再生させるための努力が始まったそうです。
同じ景色が戻ってくることはもはや望めないのでしょうけれど、同じDNAを持つ新しい命が再生されることを祈りたいと思います。


大銀杏 が倒れたと聞いて、ふと思い出したこと。
モンゴルからやってきて日本の大相撲を牽引してきた 大銀杏、横綱 朝青龍
これまたこの春、世間の大風に抗いきれず、自らごろんと倒れてしまいました。
先日たまたまテレビで目にした、モンゴル凱旋時の記者会見に呆れていたところでした。
こちらの 大銀杏 も、中身が空洞だったのでしょうか?
-おっと、御神木と同じ例えにするのはよくありませんね。

ボクも大風に倒されないよう、中身をしっかりさせないと。
鎌倉でひとつ、学びました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: TOMOさま

ゴールデンウィークの鎌倉は、すごい人出ですよぉ~。
季節のちょうど良いですからね。

大銀杏は切られて再生を目指した新展開に入っているようです。
ちょうどボクが行った時には大階段は使用できないようになっていたのですが、今はもう大階段もいつもどおり使えるようになっているそうですし。

大銀杏の新展開も含めて、鎌倉の旅をお楽しみください、とお伝えくださいませ♪

No title

GWにウチの両親が東京にいくついでに
鎌倉に寄る予定なのですが、
この御神木が倒れてガッカリしてました。

なんとか復活して欲しいですね。

Re: Nさま

お、鎌倉でプチプチ同窓会ですか?-いいなぁ。
あ、そうか。湘南マダムがいるんでしたよね。

久しぶりに会う友だちって、毎日会う同僚などとは違う良さがありますよね。
なんというか、もはや損得のない、競争関係のない間柄。

また折を見て、ボクも呼んでくださいね。
鎌倉でもどこでも、皆さんに会いに行きますよぉ。

No title

こんばんは!
今日はプチプチ同窓会に行ってきました!
いいね。友達って・・♪
とっても楽しい一日だったよ~
その様子は・・いつか日記にするかも。
(あ、できるかな??おかしすぎてできないかもぉ~)
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: