船坂の里

《関連する記事:これそのつづき

「西宮船坂ビエンナーレ2009」が開催されていたのは、西宮市北部の山口町船坂地区

西宮市船坂 西宮市船坂
西宮市船坂 西宮市船坂


標高400mほどの船坂峠から東に位置する山麓の地区が「船坂」です。

西宮市船坂 西宮市船坂
西宮市船坂 西宮市船坂


民家の間を縫う細い小径を抜けて下ったところに、欄干のない小さな橋がありました。

西宮市船坂


正面を見ると、大きな木と、その後ろに走る道路は県道51号(宝塚唐櫃線)。
「有馬街道」と呼ばれるこの道を拓いたのは、大阪城から武庫川沿いに登ってきて、生瀬(なまぜ)から有馬温泉にアプローチをかけた、太閤・豊臣秀吉なのだそうです。

西宮市船坂 西宮市船坂


川の上流側(左)と下流側(右)の様子。
コンクリートの護岸はなされているものの、両岸には木立や竹林などの緑が多く、とても好い環境です。
早瀬から聞こえてくる瀬音も、心をなごましてくれます。
この流れは「太多田川」(おおたたがわ)といって、有馬街道を人々が行き交う元となった川です。

ここから1kmほど東に下った辺りから渓谷になっていて、その区間は「蓬莱峡」(ほうらいきょう)と呼ばれているそうです。その辺りは、六甲山系のひとつの特徴である白い砂の元となる花崗岩の巨大な塊が露出した、真っ白い岩場になっています。
採石場のような雰囲気を持つ植物の生えない白い砂のその大地は、あとで調べて知った話なのですが、かつて、黒澤明監督が、映画「隠し砦の三悪人」の舞台として選んで撮影がおこなわれた場所なのだそうです。
若き三船敏郎主演のその痛快活劇。たった一回しか観たことはありませんが、白黒画面に映し出された隠し砦のあるその舞台は、ホワイトバランスが強すぎるのかと思えるほど白トビしたような印象のある荒野でした。
もろい花崗岩ゆえに今は近寄ることはできないそうですが、宝塚に抜ける県道から観た「蓬莱峡」の風景は、たった1kmほど上流の船坂地区を流れる、のどかな川の様子からは全く想像できないほどのものでした。


過疎化が進み、小学校が閉校に追い込まれるというのは、間違いなく“今”の社会情勢を反映した事態ですし、そこに危機感を覚えたのか、村おこしのアートイベントを開こうと思い立ったことも今時の判断です。
決してレトロな演出を施したわけではなく、必要なものだけが進歩して、それ以外のものは特に変化せずに今に至っているだけという、ここ船坂の里。
どこか懐かしさを感じながら、自らもそこに立っているという同時代性も感じられるところに、理想の原風景みたいなものを感じてしまうのかもしれません。ボクはこの山里が好きになりました。

その昔、鉄道模型のレイアウト(いわゆる箱庭)を造ろうと思った時に理想としていたような景色が、ここにありました。
そのころは、都会に暮らしている旅行もままならない子供でしたから、こうした風景には“取材対象”としての憧れを感じていました。
しかし、実際には取材旅行に出ることも、レイアウトを制作することもなく今に至り、もはや鉄道模型を諦めてから早何年?
ずっと昔に諦めて、今は別のことで十分に楽しめている日々を送りながら、鉄道模型のレイアウト作りのことも忘れていましたが、船坂の地を歩いたこの日、毎日理想のレイアウトのことばかりを考えていた日々のことをちょっとだけ思い出したのでした。

西宮市船坂


ほどよい道幅の、クルマの乗り入れはあり得ない舗装された人道を うた に引っぱられながら、都会では味わえない空気を吸い込むために深呼吸をしてみながら、ちょっとだけため息もついてみたりした船坂の里でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 蓬莱峡は

> kamezoさま
確かに、義母(はは)がわざわざ西宮北口駅まで行って買ってきてくれた551蓬莱の6個入りを、帰りがけにお土産としていただきました。
でも、それは蓬莱峡とは全く関係ないことと思います、ハイ。(笑

鉄道模型は、もし今工作をはじめたとしても、怪獣 うた&らく にあえなく破壊されちゃうんだろうなぁ、なんて考えています。
基本的なコンセプトなどは、もう10年以上前から固まっているのでですが。
時間とスペースと技術、そして先立つもの、どれもありません。
あと、その街の安全も確保されていませんし…。

蓬莱峡は

551とは無関係?ですよね??

どこか懐かしさを感じる、いい所ですね。
僕も住んでみたくなります。
が、二輪は禁止ですか。。。うるる。

鉄道模型のレイアウトは・・・
たとえ、実際に走行させることが出来なくても
ミニカーのようなケースの中でも、造れるのではないかと・・・
駅に停まった列車とか、いかがでしょう?

楽しみにしております♪
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: