Drive on Sunday

御神輿と山車

今日の都内は最高気温が25℃以上になった夏日だそうですが、暦の上ではもう秋。
都内をクルマで走っていたら、小さな渋滞の先を御神輿が横切っていたり、道路沿いに置かれた御神輿などを見かけました。
気温も湿度も低くなってきて、これからはクルマでなくて“お散歩日和”ですね。

お散歩で思い出したのですが、先ほどクルマの中で聴いていたラジオでのこと。
毎週、都内を散歩して街を紹介する番組の女性パーソナリティが、秋のスイーツを実際に食べてみて紹介する時に述べた感想が、ちょっと気になりました。
「あ~、これ、おいしいかも~!」
今時の会話ではときどき耳にする表現ですが、よく考えてみると妙な気がします。
スイーツを食べて、美味しいかどうかを判断するのは、食べた本人ですよね?
美味しいかどうか、自分では判断できないのでしょうか?
美味しいなら「おいしい」と言えばいいし、誰もが美味しいと思うかどうかわからない時には「私は好き」などと補足すればいいと思うのです。
そのスイーツが意表を突く味だったのかもしれませんが、「おいしいかも~」と自らの味覚まで他人に委ねるような表現って、どうなんでしょうね? しかも、ラジオのパーソナリティが。

これからは味覚の秋でもあります。美味しかったら「おいしい!」と素直に表現しましょうよ。
その方が、その美味しいものを作った人や準備した人もうれしいと思うのですが…。

美味しいものを食べにどこかに行きたいな、とクルマを走らせながら思ったのでした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: うわっ!

> ひまりんさま
どなたかがひまりんさんに降臨するまで、待っています。
それとも、憑依?

うわっ!

きゃー。
私なんかにできますでしょうか、宿題。
何かが乗り移るまで、待っててくださいね。(笑)
(何か、って?)

Re: 同感です

> ひまりんさま
言葉は生き物のようなものですから、時と共に変化して行ってしまうのは致し方のないことです。
「コンビニ」や「パソコン」、「ATM」とか「ETC」などというのも、最初の頃はテレビなどでは略さずに呼ばれたり、日本語名で別途紹介(例えば、「ATM」は「ATM、現金自動預け払い機」など)されていましたが、今やそうすることの方がむしろわかりにくさが増すようになりました。

単語レベルで、名詞や副詞、形容詞が移ろっていってしまうのは仕方のないことだと思うのですが、それらを操ってきれいな表現を生み出すことだけは、移ろってほしくないものですよね。
かく言う自分自身、それを守れているのかというと、はなはだ怪しいのですが、常に意識は持っているつもりです。“ら抜き言葉”や“れ足す言葉”はしゃべらない、とか。
ラジオのパーソナリティなど、しゃべることで生計を立てている人たちは、なおさら意識してもらいたいものだと強く思います。

「間髪を入れず」、ATOKではどちらも変換してくれます。
日本語にとことんこだわっているソフトですからね。
一方のIMEは…、ねぇ。

ひまりんさんの推薦する“きれいな日本語を話す/書く人”って、どなたですか?
これをお題に、記事をひとつ、お願いします。

同感です

私もそんな風に思うことがよくあります。
正しい日本語がなくなっていくんじゃないかと…。
解った上での応用ならかまわないです、が、I.Z.さんのおっしゃるような遣い方、オフィシャルな場面ではNGですよね。

もうずっと前のことですが、「間髪を入れず」(かん はつをいれず)のことを、何かのCMで「かんぱつをいれず」と言っていました。
明らかに間違いですが、あんまり間違って読む人が多いからか、辞書にさえ「『かん はつをいれず』の間違った読み方」という項目で載っていたりします。
IMEでさえ、間違った読み方のほうでしか変換してくれません…。

日本語を愛する者として、哀しい現実です。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: