踏切道 益生第4号

出張の用事が明るいうちに終わったので、そのまま自宅にトンボ返りするのももったいないので、ちょっとだけ鉄分を補給に。

踏切票三重県北部、桑名市の玄関、桑名駅に降り立ちました。
桑名駅には、JRの関西線と近鉄名古屋線の他に、元は近鉄の路線だった現養老鉄道の3本の鉄道路線が発着しています。そしてその東口から線路沿いに200mほど行ったところ、駅前広場からみれば同じ駅の構内としか見えないところに、三岐鉄道北勢線(さんぎてつどうほくせいせん)の西桑名駅があります。
その西桑名駅からさらに線路沿いに150mほど歩いたところが、今回の目的地、「益生(ますお) 第4号踏切」です。

踏切東側から写真の通り、幅が2mほどしかない、自動車は通れない踏切です。
複数の線路を渡るこの踏切、手前から北勢線の線路が1本、そしてなぜか金網で仕切ってその向こうにJR関西線の線路が4本、さらにその向こう側には往来の頻度が他の路線に比べて多いため、改めて警報機と遮断機を備えた複線の近鉄名古屋線の線路があり、合計3路線の線路、7本の線路を渡る、思いの外、差し渡しの長い踏切道になっています。
さて、そんなこの踏切になぜどうして、途中下車をしてまでも来たかったのかと言うことですが、それには立派なわけがあるのでした。
それは、この踏切が日本で唯一の特殊な踏切だから、なのです。

鉄道に興味のない方でも、新幹線とJRの在来線では走る線路の幅が違うという話は聞いたことがあるかと思います。また一般的な鉄道と違って、どういった差があるのかは知らないまでも、軽便鉄道という言葉は聞いたことがあるのはないでしょうか。
鉄道は、その用途に合わせて国際的に決まっている線路幅の基準に合わせて線路が敷かれているわけですが、ここは日本で唯一、そんな異なる線路幅のうち3種類も体験できてしまう踏切だというわけです。

踏切を駆け抜けた直後の近鉄特急近鉄名古屋線は、名古屋から伊勢志摩方面への観光路線であると同時に、三重県から奈良県へと抜ける名古屋-大阪最短距離のルートを利用した名阪特急の駆け抜ける路線でもあります。各方面への特急列車が駆け抜けやすいように、線路幅は新幹線と同じ標準軌と呼ばれる、1,435mm(4フィート8.5インチ)の線路幅で軌道が造られています。

JR関西線を名古屋方向に向かう貨物列車JR関西線は、新橋(汐留)-横浜間に日本で初めて鉄道を建設した際、技術を伝授した英国が日本の当時の国力や山や河川の多い地形から用いたと言われている一般的には狭軌と呼ばれながらも日本ではデファクトスタンダード(事実上の標準軌)となった、1,067mm(3フィート6インチ)の線路幅。
四日市方面から単線で来た線路は、桑名駅直前で4本に分かれ、桑名から2駅先の弥富までは複線で進みます。中京工業地帯に沿って走る関西線には、このように貨物列車も走ります。

西桑名駅に停車中の北勢線電車そして、明治時代後期に軽便鉄道として開業したという現三岐鉄道北勢線。
もともとが貨物の搬出用などではなく沿線住民向けの路線であり、地元産品を積み込んだ貨車などを旧国鉄の線路に乗り入れるようなことはしてこなかった上に、つい最近まで輸送力の増強などは図られてこなかったせいもあって、762mm(30インチ=2フィート6インチ)の特殊狭軌線のままとして、今日も走っているのです。

1,435mmの線路と1,067mmの線路を渡る踏切は、京急+JRや京成+JRなどの組み合わせで、関東地方にも存在しますが、軽便鉄道はそのものが珍しい存在になってしまっているので、そんな鉄道が1,435mmや1,067mmの線路と並走している区間自体がほぼ見られない現実。
それが、ここ「益生 第4号踏切」では、3種類の線路幅が体験できてしまうのです!
日本で唯一と書きましたが、もしかしたら世界で唯一なのかもしれません。

踏切西側からクルマはさらに南に100mほど行った陸橋で、この3種類の線路幅の路線をオーバーパスします。そしてそこからはこの先でJRと近鉄線の線路をオーバーパスするために北勢線がいったん東側に逸れて行ってしまいますので、3路線の線路を渡れる踏切は、ここだけなのです。
日本中のそこそこ広い構内を持つ駅の傍らでよく見かけるような、一見地味な踏切ですが、実は日本で唯一の「益生 第4号踏切」。
毎日電車で通っている人たちや毎日渡っている人たちにも、おそらくほとんど知られていないのだろうと思います。
そんな貴重な場所に、ちょっと寄ってきました。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Yahoo 路線

トミーテック ザ・バスコレクション第12弾 日野RC路線バス 広島電鉄商品価格:735円レビュー平均:5.0この路線で行くの?|のんきな母のひとり言nao-mamaののんきな母のひとり言の記事、この路線で行くの?です。(続きを読む) 会津鉄道 検定 - Yahoo!みんなの検定会津...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: ふふ、マニアックだ(笑)

> ふうさま
コメント、ありがとうございます。
ハイ、確かにマニアです。(笑
でも、三重県民ではありません、残念ながら。
神奈川県は、横浜の市民です。

ここのところ、年に一度のペースでこの時期に鈴鹿市まで出張に行くことがあって、今回はその帰りに桑名に立ち寄ったという次第です。
今や通年で乗車することのできる“軽便鉄道”は、この北勢線と、ふうさんがよく利用されるという内部線、そして内部線の支線のような八王子線の3路線だけなのだそうです。
関東に住む身からすれば、軽便が身近に体験できる環境は羨ましい限り。
もし来年また行ける機会があるのなら、今度は内部+八王子線にも乗ってみたいと思っています。
そちらには、奇跡の踏切はありませんけどね。

ふふ、マニアックだ(笑)

I.Zさん、三重県人だったんですか?(知らなかった)
失礼しました。

私は、もっぱら内部線をよく利用しますが、
(といっても、自宅は四日市じゃないですが)
北勢線は未だ乗ったことがないのです。
かく言う私も、近鉄やJRで桑名付近を通る時は、いつも同じようなことを思ってしまいます(笑)。
奇跡の踏み切りですね。

Re: あーれー

> ひまりんさま
頻繁に電車が走っている近鉄線以外は、地元の人でもやはり利用しづらいでしょうから、仕方ありませんよ。
ましてや、これだけ道路が整備されたクルマ社会ですから。

あーれー

自分の住んでる県なのに、見たことがあるのは走ってる近鉄特急だけでした。がぁぁぁ~ん。
修行して出直してきます。(笑)
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: