東急東横線開通80周年記念 『鉄道フェスティバル』

こどもの日。-こどもはこどもらしく、遊びたっぷりのイベントに出かけてみることにしました。(…え、こどもって誰?某 40代男性のことでしょ?)
東急東横線開通80周年記念 『鉄道フェスティバル』
渋谷駅の真上に建つ、東急百貨店東横店で開催中のイベント。
原あいみさんという方の描いた東急百貨店東横店のイラストが、なかなか素敵です。


入場料を500円払って入った中では、特に東横線を古くから利用している方々には懐かしい品々や写真が並べられ、東急電車ファンだけでなく、東急線を利用する全ての人たちが楽しめるイベントになっていました。
来場者数があまりに多く、写真もなかなか撮れないのですが、これは東横線各駅をモチーフに作られている鉄道模型のレイアウト(いわゆるジオラマ)のうち、代官山をテーマにしたモジュール(区画)。
駆け抜ける電車は、旧6000系電車です。


これは東横線渋谷駅のモジュール。
なかなか好い感じのイメージです。
他のモジュールとつなげることによって大きなエンドレス(ループ)を作らなくてはならないので、この渋谷駅は終着駅ではなく通り抜けが可能です。
2012年には東京メトロの副都心線と地下でつながるようになるので、この独特の駅舎は見られなくなるのかもしれません。


これは、1936年頃の沿線案内図。よく見ると、まだ「武蔵小杉」の駅がありません。戦前の陣容ですから南武線がまだ国鉄になっていませんし、「学芸大学」駅は旧制が色濃く出た「青山師範」という駅名になっています。もともとは「碑文谷」(ひもんや)という駅だったのですが、この年(1936年)に「青山師範」になり、1943年には「第一師範」に改名しています。「学芸大学」駅になったのは1952年。今や大学はこの地にはないのですが、1999年に駅名は変更しないことになりました。玉電の全盛期でもあり、玉川-砧(きぬた)間や、のちに都電になった渋谷駅-天現寺橋・中目黒間も興味深いところです。
こういった展示も、とても楽しめました。


これが今回の目玉、東横線のトレインシミュレータ
PS2用のソフトとして過去に製品化されていましたが、今回はこのイベントのプロデューサーでもあり、「トレインシミュレータ」のパブリッシャーでもある音楽館の社長でもある、カシオペアの向谷実氏の肝いりで、画像は新たに回送電車を仕立てて取り直し、コントローラは廃車になった8000系から持ってきた“実物”。
ギャラリーが多かったのでなかなかきれいな写真が撮れなかったのですが、こどもそっちのけで楽しむおとーさん、撮っちゃいました。
因みにボクは、ゲームは全くやらないので、見物だけでトライはしませんでした。

想像していたとおり、オタクな方々の多いちょっと酸っぱいイベントではありましたが、こどもたちには大いに楽しめたようです。たくさんの小さなこどもたちが目をきらきらさせている様子を、久しぶりに見た気がしました。ボクにとっても、充実の資料を眺めるだけも充分楽しめる催し物でした。

5月7日(水)まで 10:00~21:00 (7日は17:00まで)/東急百貨店東横店 西館8階 特設会場


AUTHOR: はげ納豆 DATE: 05/06/2008 00:50:13 鉄ネタきたーーーーーーーー

いやーー十分「鉄オタ」でしょ。。。。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> ヒロ2鉄子さま
鉄道イベントでは、子供と大人の境目が曖昧になりますね。
貯めた知識といっぱしの持論で大人ぶる子供と、素直に童心に帰ればいいものをちょっと痛くなっちゃってる子供みたいな大人と…。

ボクの場合、鉄と非鉄はキチンとしたスイッチで切り替えています。(笑
今回のようなイベントではなかなかスイッチは入りませんねぇ。
年相応に純粋にイベントを楽しませていただきました。
仕事上で使えそうなネタを捜してみたりして…。

はい。
某東急百貨店の催事担当という方の話によります。
子供よりも、大人が夢中になる企画だそうです。
特にシュミレータとかは、その疑似体験が嬉しくなるらしい・・・とか・・・。
でも、私は鉄子とちがいますから、よくはわかりません。
京王線の中吊りで見たのと、たまたま知り合いから聞いただけですから。

> ヒロ2さま
このイベントのウワサなんか、聞いていたんですか?
ボクはなーんにも聞いてませんが…。

鉄男君やっぱり行ったんですねぇ。
ウワサによると、このイベントはかなりのマニア御用達らしいですよ。
駅名の変化は時代と共に・・・で興味深いものがありますよね。

でも、さすがは鉄男くんですね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: