日本一に挑戦!…その1

4月27日(日)は、日本記録の樹立に向けて、お仲間たちとコl駅から電車で南下。
ロックバンド・くるりが ♪赤い電車は歌い出す ファソラシドレミファソー♪ と、「赤い電車」という曲で歌ったのは、この電車。
京浜急行2100形。


向かった先は、三浦半島先端の三浦市三崎漁港。
ここで、「相州海南高家神社 食の神様フェスティバル」が開かれるというので来たわけです。
もっと正確にいうならば、同時開催の 『三崎まぐろ鉄火巻 日本一寿司づくり大会』 が目的。
ここがそのフェスティバルの会場となる、「相州海南高家(たかべ)神社」。



この相州海南高家神社は、料理の始祖といわれる、磐鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)を祀り、毎年この時期に「包丁供養感謝祭」や「奉納料理奉告祭」、そして四条古式による「包丁式」などがおこなわれるのだそうです。
なかでも「包丁式」は、鯉をさばくことが一般的であることに対して、ここではいかにも三崎らしく、まぐろがさばかれるのだそうです。
これは境内にある馬堀法眼善孝画伯による磐鹿六雁命の大絵馬。


これが奉納料理。
門前の商店から、一店一品が奉納されているようです。


で、これも奉納されるものなのでしょうか。
三浦で収穫された大根と春キャベツ。
三崎口駅からこの三崎漁港まで来る間の高台を走る三崎街道では、広大な大根畑やキャベツ畑がバスの両側の車窓に広がっていました。

《次回につづきます》


AUTHOR: えーす URL: http://plaza.rakuten.co.jp/totoace/ DATE: 04/30/2008 23:46:59 GW、満喫しているようで、羨ましい限りです。

そういえば、素朴な疑問だけど、
わんこたちは鉄道での行楽時はどうされてるんです?

てっちゃん的には、車よりも鉄道での移動にそそられるのではないかと思いますが。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本一に挑戦!…その2

PING:
IP:
BLOG NAME
《ここからのつづき》
海南神社の鳥居前でイベントへの参加を登録すると、とりあえず開始時刻の午後3時までは自由時間。
三崎の街を歩いてみることにしました。
海南神社の参道から続く下町商店街では、既にイベントの下準備が整っていました。商店街に沿って鉄火巻きを巻くための台が並べられています。

> ハゲナトゥンガ

まあ、しかたないやね。鉄火巻き巻けたからいいですよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: