フサフサでボーソー…その7

ここからのつづき》

のどかな畑の間の路を進むのかと思っていたら、思いの外、立派な県道クラスの道を歩くことになって、およそ1km。ようやく、養老川に沿った遊歩道に入る場所まで来ました。
これはその入口付近にある観音橋。




遊歩道はその先で、こんな風に飛び石で川を横切るようになっていました。


カミさんと先にアプローチに入った らく。
途絶えた鼻先の直下から聞こえてくる瀬音に、ビビっています。

かーちゃんは先に行っちゃったし、リードも引っ張られちゃってるから引き返せないし…。
-彼は熟慮の末に、見事な跳躍で隣の石に飛び移ったのでした。


一方のこのヒトは、比較的気楽に飛び出していきました。
階段なども好きなのですが、テンポ良く進めていければ好いみたいです。
むしろ、先に早く行きすぎて、リードを持つボクの方が牽かれ気味になるほどです。

それにしても、相変わらずの保護色…。


渡り終えて振り向けば、こんな景色になっていました。
どういった物理的事象が起きたのか、縦に置いたバームクーヘンを切ったような断崖です。
切り口はどうにも古くはなさそうですが、なぜか高さがありすぎます。
人為的に造られた崖なのでしょうか? 不思議な感じがします。

《↓につづきます》


TITLE: フサフサでボーソー…その8 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/10593/2619954#2619954 IP
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: