花も団子もバスツアー…その6

ここからのつづき》

次に移動していった場所は、蔵屋鳴沢というみやげ物屋さん。
いや、帰る前のお土産の買い込みが目的ではありません。
目的は、ここの2階で展示されているというつるし雛の見学。
…で、つるし雛って、いったいなに?



つるし雛とは、こんな壮大なものでした。

縮緬で作られた、大きくても5cm以内位の花や野菜や動物たち。
それらが糸でつながれ、天井から下がっていました。
カラフルかつ精巧な細工は、ついついじっと見つめてしまいます。


壁一面に並べられた様子は、壮観そのもの。


そして、段飾りの雛人形の両側にさげられた、
豪華絢爛、桃の節句バージョン。

飾り物のひとつひとつには、健康や才覚、金運などといった子供に向けた親の想いが込められ、それらが年を追うごとに増えてその結果、豪華さが増していくのだそうです。



子供たちも、じっと見入っていました。




《↓につづきます》


TITLE: 花も団子もバスツアー…その7 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/10593/2619926#2619926 IP
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: