花も団子もバスツアー…その5

ここからのつづき》
壮大な景色を眺めたあとは、バスで30分ほど移動。
江間という里で、イチゴ狩り。
このセンターでバス一台分の団体登録をして、バスごと畑の真ん中に繰り出します。


バスは幅の狭い農道を進み、畑を回り込んだところで停車。
そこで全員がわらわらと降りて、指定されたビニールハウスに入ります。
陽光降り注ぐビニールハウスの中は、汗ばむ直前ぐらいの暖かさでした。


入口では、練乳の入ったヘタ入れを受け取ります。
特製の「ヘタ入れ」。
浮き彫りになったヘタ入れという文字が笑えます。
さあ、いくつ食べられるでしょう。
…って、もうひとつ食べちゃっていますけど。


品種はあきひめ
スーパーマーケットなどでよく売られている「とちおとめ」などとは違って丸く細長く、意外とスタイルの良いイチゴです。
真っ赤に色づいたヤツをぷちっともいで口に運ぶと、得も言われぬ甘さ。
採れたての美味しさというのが、ホント、感じられます。
30分足らずで20個以上食べてしまいました。


「ヘタ入れ」に練乳が添えてありましたが、正直なところ、ボクには練乳は必要ありませんでした。そのまま食べるのが一番でした。
ただ、暖かいビニールハウスの中にあるイチゴをそのまま食べるわけですから、冷蔵庫から出したての冷たさはありません。
ですから、きっと朝一番の方が良いのかもしれません。でもなお、満足。
…それにしてもこの幟、どうしても いさご狩り と読めてしまう。
《↓につづきます》


AUTHOR: えーす URL: http://plaza.rakuten.co.jp/totoace/ DATE: 04/09/2008 01:23:49 そこはうちからもわりと近いので我が家も毎年行きます。
関東のスーパーでは、「とちおとめ」 が一般的ですが、
当県では、「あきひめ」 がほとんどなんですよ。
当県のいちごのPRソング
「赤い口紅とほっぺ」
を歌っているご当地出身のミュージシャン「GTP」って知ってます?
2年前にはシングル「冷凍みかん」が県内チャート1位になるなど、
結構、わが道を行く県なのです。(笑)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

花も団子もバスツアー…その6

PING:
IP:
BLOG NAME
《ここからのつづき》
次に移動していった場所は、蔵屋鳴沢というみやげ物屋さん。
いや、帰る前のお土産の買い込みが目的ではありません。
目的は、ここの2階で展示されているというつるし雛の見学。
…で、つるし雛って、いったいなに?
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: