東急大井町線に急行! 6000系!

東急線の駅構内で、こんなポスターが目に付くようになりました。
3/28(金) 大井町線 急行運転を開始

これまで各駅停車しか走っていなかった大井町線に、急行電車が登場するのだそうです。…で、右側の6000系電車がその急行専用車両。
なんともイカついイメージ。


実物は、こんな電車です。

光の加減で照り返してしまっていて、前面がよく見えませんが、側面は比較的オーソドックスなまとまり具合です。
6両編成というコンパクトさは、なんとなく軽快な感じを与えてくれます。


特徴はなんと言っても、このご面相でしょう。

なにゆえここまでとんがらせたのか…?


併走する東急田園都市線を走り抜ける唯一のトンガリ車両、東京メトロ 8000系と並んだところ。
6000系は情熱的な赤い色のせいもあって、やけに挑戦的に見えます。


真横から見たところです。
このトンガリが、通勤電車としての客室の居住性には関係が全くなさそうなことがよくわかります。

速そうなデザインではありますが、大井町線はカーブや駅、踏切が多くて、スピードを出せる路線ではありません。
全長10.4kmに14駅、各駅停車では21分かけて走破していた二子玉川-大井町間を、急行では4駅だけ停まって15分で走るのだそうです。
各駅停車で平均時速(評定速度)29.7km/hが、急行で41.6km/h。…ビミョーです。

ま、それでも1927年に大井町-大岡山間で営業を始めた大井町線にとって、急行電車は81年目にして初めての登場であり、それは画期的なことなのです。
81年目のこんな特徴的な車両なわけです、この6000系は。
ともあれ、3月28日の急行運転開始が、ちょっとだけ待ち遠しくあります。


AUTHOR: オハ47 DATE: 03/19/2008 01:00:36 東急沿線から離れてしばらく経ちますが、最近の東急の車両のデザインは凝っていますね(良いかどうかは別として)。昔の8000系から8500系は切妻でシンプルたったのに。その頃の小田急は9000系が出てきて斬新たったとの対象的でした。
今は小田急の3000系がすっかりシンプルになってしまい、逆転ですね。

でも、もう少しさかのぼれば東急も旧5000系や7200系という、凝ったデザインもありましたね。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> ヒロ2さま
ご記憶の車両は、ちょっと四角過ぎますね。
厳密にはどうだかわかりませんが、旧6000系は目蒲線には走っていなかったと思います。
それはおそらく7200系というヤツです。
旧6000系は、最後の頃は主に大井町線で活躍していました。
それにしても、ヒロ2さま、鉄子さんですな。

あの・・・、目蒲線の記憶で、一時四角ッぽいのが走ってたあれですか?
鉄子じゃないからよくわかんないのですが、車輌がキャラメルみたいに四角いのだったと思いますが・・・。
私は、青ガエルは愛嬌のある車輌だから単純に只好きですね。


> ヒロ2さま
ガ、ガンダムですか! なるほど。
…ってことは、カラーリングからしてシャア専用6000系ですか?

ボクは、ホントは青ガエルよりもかなり地味だった先代の6000系が好きでした。
全然洗練されていないデザインの、ステンレス製の電車だったんですけどね。
モーター音も、甲高くてうるさいやつで…。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: