『デカダンス ドュ ショコラ』のチョコレート

先日のバレンタインデーにいただいたチョコレート。
こんなにキチンとしたモノをいただいたのは、もしかしたら初めてかもと思えるぐらい、しっかりとしたギフト包装に収められていました。

Decadence du Chocolat (デカダンス ドュ ショコラ)
チョコレートです。
本店が東京・代官山から少し歩いた鉢山町というところにある、若きフランス人パティシエのお店なのだそうです。

若きパティシエは日仏融合の自分の作品を発表する場に、なにゆえに
「デカダンス」(退廃)などという名前をつけたのでしょう。ちょっと謎です。


これは、Valencia (ヴァレンシア)という名前の商品。
フタを開けただけで、オレンジの良い香りがします。



このチョコレートをボクに贈ってくださった方は、鉄道趣味のボクのことを考えて、蒸気機関車の動輪をイメージしたものを選んで下さったとのこと。
ブラボー♪です。
その話を伺う前にこのチョコレートを見たボクは、まさに「動輪みたいだな」と思っていたのです。
画像は昨年9月、静岡県大井川鐵道で撮った蒸気機関車「C11 227」
真ん中の動輪が一番このチョコレートのイメージに近いかも。


鮮やかなオレンジ色と、それを半分だけ覆い隠す褐色のチョコレート。
甘みを抑えたチョコレートと程良い酸味のオレンジが融合して、大人のスイーツにまとまっておりました。
つぎつぎといくつも口に運んでしまうようなものではなく、上品にゆったりいただくスイーツです。

ありがとうございました。おいしくいただきました。



AUTHOR: 由 DATE: 02/17/2008 15:29:04 お、この店マークシティのスタバの裏当たりにありましたよお。
いってみよっと。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: