秋の日はなに落とし?:鶴見川沿い

昨日の昨日の散歩続きの続き。

この辺りの鶴見川沿いでは、柿の木をよく見かけます。
そんな柿の木は、今ちょうど実りの時季。


これは、柑橘の向こうの柿の木。


こちらは、川の向こうの柿の木。
この周辺は、2kmほど北にある禅寺の境内にある原木を元に、江戸時代以降に多くの柿の木が栽培者によって増やされたという地域。
多摩川沿いの梨と合わせて、意外なほど果樹園のある地域でもあります。

禅寺丸柿(ぜんじまるがき)という小振りな柿だと聞いていますが、見受けられる柿は一般的によく見かける大きさのものばかり。
これらは禅寺丸柿なのでしょうか?
禅寺丸柿は見たことも食べたこともないので、ぜひともこの時季に、せめて見ておきたいものです。


しばらく探してみましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。

ふと見渡したら、対岸の竹林の向こうに陽が沈むところ。
柿色の夕陽が、竹林の向こうで燃えています。
秋の日はこけら落とし…?
違う違う、秋の日はつるべ落とし。

因みに、「こけら」という漢字は「柿」という字に似て非なる漢字なのだとか。
旁(つくり)は「亠」+「巾」ではなく、「市」の「コh」が貫通している文字なのだそうですが、残念ながらワープロソフトに入っているものではないそうです。
今までの話とは全く関係のない、トリビアでした。




AUTHOR: はげ納豆 DATE: 11/09/2007 00:09:44 お、柿とミカンがとり放題食べ放題か?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: