目黒のさんま祭/気仙沼産さんま…その1

目黒のさんま祭に行ってきました。
実はこの目黒のさんま祭、もうひとつ目黒のさんま祭というのも開催されています。
そのわけは、いわゆる“ご当地合戦”というべきもので、目黒のさんま祭りの方は目黒駅のある品川区の目黒駅前商店街振興組合青年部が主催して、今年は9月9日に開催されました。主会場はこの画像とは反対側の、目黒駅東口から白金(しろかね)方面の一帯です。
今日行った目黒のさんま祭は目黒区民まつりの一環として開催されたもので、会場は駅西口から徒歩15分ほど、目黒区目黒一丁目にある田道広場公園(でんどうひろばこうえん)です。
落語『目黒のさんま』の噺の舞台には、こちらの会場の方が地理的には近いと思うのですがいかがでしょう。
とりあえず、“ご当地合戦”の結果、今は二度さんまが楽しめる状況になっています。


目黒駅西口から権之助坂(ごんのすけざか)を下って、会場を目指します。
権之助坂は、その名前の由来となる悲しくも素敵なお話があるのですが、それはまた別の機会として、今日はとにかく会場に向かいます。


会場への入口となる目黒通りの目黒川に架かる橋、目黒新橋まで来ると、もうすでに長い列ができていました。
会場はこの画像の右手前方(上流側)、橋(ふれあい橋)が見えているところの右手なのですが、そこを先頭にした列はおよそ350m下流のこの目黒新橋まで到達して川を渡り、左岸側をまた上流に向かって延びていました。
ボクは左岸側の遊歩道に歩を進めました。


そして進むこと、およそ300m。
ふれあい橋直前に、列の最後尾がありました。
現在、午前9時半。配布の開始は午前10時から。
係員さんは、この辺ならば5,000尾の配布が終わってしまっていることはないとおっしゃっていましたが、果たしていつありつけるのでしょうか。
-意外に長い闘いが始まったのでした。


午前10時半過ぎ、ようやく200mほど進み、幟のあるところまで来ました。
ここから先、まだ500mほどあるのです。

前にならぶ、ボクと同世代のご夫婦が話しています。
「…でも、どうして目黒でさんまが名物なんでしょう?」と奥様。
「さあ、どうしてなのかな? 海が近いわけでもないのに…」と旦那さん。
…やれやれ、それも知らずに列に並ぶか?
目黒のさんまについては、Wikipediaに非常にわかりやすくまとめられていますのでそちらを参照してください。
(↓に続く)


TITLE: 目黒のさんま祭/気仙沼産さんま…その2 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/10593/2619795#2619795 IP
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: