魚藍亭に 「よこすか海軍カレー」 を食べに行く

ご当地グルメというものは往々にして、その背景や地域の文化などの知識を得ないことには実際に食したとしても解釈できないもの。
この “よこすか海軍カレー” も、そんな一皿でした。

魚藍亭 “よこすか海軍カレー”

もともとは、イギリス海軍が航海中にシチューを供したいと思ったものの牛乳は保存が利かないので同じ具材で牛乳の代わりに香辛料を使用することでレシピが固まったという、イギリスのカレー。
そのレシピを明治時代の日本海軍が伝授され日本でも軍隊食になった海軍カレーを、明治末期に発行された公式のレシピ本に忠実に再現させたものが、ここ、魚藍亭 の “よこすか海軍カレー”。

今でこそ、多くの人たちが独自のアイデアを盛り込んで、バリエーション豊かな国民食となっていますが、その原点ともいえるべき味が、この “よこすか海軍カレー” なのだそうです。
甘口か辛口かそういう分け方すらもない、素朴で懐かしいカレーです。
添えられた福神漬けと、チャツネもほんの耳かきひとさじほどで、またなんとも柔らかい感じ。
辛くないのは、航海上で船員たちがこぞって水をたくさん飲まないようにするためのことだったのかもしれません。実にあっさりとしたやさしいカレーです。

魚藍亭は元は活き魚料理店で、そこに19年前からは一部をカレーのお店にして人気を博してきたのですが、建物の老朽化などによって、この8月27日で閉店になってしまうのだそうです。

魚藍亭 「よこすか海軍カレー館」

レシピ本からカレーを再現した女将が他界し、建物も老朽化してきたのでお店の歴史が閉じられるというのは致し方のないことなんもかもしれませんが、その間に “よこすか海軍カレー” は地元に根付き、今は市内40店舗ほどで楽しめるだけでなく、レトルトとして全国で手に入るほどにもなりました。

ボクが今回初めて食べた、魚藍亭の “よこすか海軍カレー”は、これは今日で食べ納め。
ですが、イギリス海軍から日本海軍に伝えられて生まれた “よこすか海軍カレー” は、もしこの魚藍亭が復活することはなかったとしても、また市内のどこかでしっかりと伝えられて今後も楽しめるのだろうと思います。
基礎がしっかりとしたご当地グルメというのは、そういうものだとボクは思っています。

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: