映画 『Don't Blink ロバート・フランクの写した時代』

《映画紹介》
写真界の巨匠ロバート・フランク。
1958年の写真集「The Americans」は表層で栄光と繁栄に沸く大国の真の表情を捉え、”その後のアメリカの在り方、見方に圧倒的な影響を与えた一冊”と称される。また、米インディペンデント映画の祖として、ジム・ジャームッシュ監督らからも尊敬を集めている映画監督でもある。本作は、大のインタビュー嫌いで知られるフランクが、その人生を初めて語ったドキュメンタリー。いま激しく価値観が揺れる米国の中で、その人生は私たちに何を示唆するだろう?



『Don't Blink ロバート・フランクの写した時代』


スイスからアメリカに渡り全米を移動しながら庶民の何気ない一瞬をカメラで捕らえた写真家、ロバート・フランクのドキュメンタリー。

日本での映画公開を前に配給会社がロバート・フランクに日本人に向けたメッセージを求めたところ、彼は、写真家であること、年をとって死ぬまで写真家であり続けること、写真家として死んでいくことは可能かということについてちゃんと理解してほしいと語りました。
自分のなすことがなんであれ、それを大切に続けてほしいというメッセージは、どんな状況にあっても自らのスタイルを変えずに信じるやり方を貫いているロバート・フランクならではのもの。

アメリカの市井の人々を写した作品は当初評価されず、また評価され始めてから活動の場を写真から映画に変えていったことに世間からは写真を辞めたのかと問われるようになります。
しかしそれは、商売としての成功を求めて活躍の場を変えていったわけではなく、表現の可能性を求めて手段を変えていったこと。
実験的な挑戦は往々にして多くの人々、特にマスコミには理解されないものです。
インタビュー嫌いが故にこれまで多くを語るシーンは記録されていなかったということになっていますが、それはインタビューをする側に問題があったのだということがわかってきます。

この作品では、なるべく意識させないようにカメラをまわして監督や彼を取り巻く人々が自由に喋りかけることで、彼が気軽に言葉を発せられる環境を創り出し、自然な姿を垣間見ることに成功しています。
彼が発する言葉は多彩で、そのひとつひとつが実に示唆に富んでいます。
信じる道、自分のあるべき姿を追い求める男の発する簡潔なひとことは、直感的ながらブレがなく、すっと心に落ちてきます。
意外な展開も涙が出てくるような結末もあるわけではありませんが、骨太に道を進むひとりの男の情熱が伝わってくる温かい作品でした。



最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: