玉電で妄想する

1926年に免許が申請されて計画が持ち上がったという、東京山手急行電鉄。
大井町-雪が谷-自由が丘-駒沢-梅ヶ丘-明大前-中野-新井薬師前-江古田-下板橋-板橋-田端-北千住-寺島町-大島-砂町-洲崎町という総延長約50kmのルートが考えられていたそうですが、その後の世界恐慌や国内の戦時体制への変化などに伴って計画は頓挫。
免許失効までの紆余曲折の中で僅かに着工された区間が京王井の頭線の明大前駅近辺に遺構として残されましたが、結局は壮大なロマンとして幻のものとなってしまいました。
山手線から少しだけ外側に敷設されるはずだった鉄道です。

東急世田谷線

東急世田谷線

東急田園都市線の三軒茶屋駅から小田急線豪徳寺駅を経て、京王電鉄の明大前駅からひと駅、下高井戸駅までの5kmの区間を走る東急世田谷線を利用するたびに、もしこの路線が東京山手急行電鉄となっていたらと、なんだか想像してしまいます。
いや、東急世田谷線は、前身の玉川電気鉄道、いわゆる「玉電(たまでん)」の支線として、東京山手急行電鉄が免許申請するより一年前の1925年に既に開業していた路線です。
むしろヘンなライバルが生まれなかったからこそ、今日まで生き残れた路線なのかもしれません。

東急世田谷線

東急世田谷線

東急世田谷線

全線専用軌道ながら路面電車タイプの車両で運行されている東急世田谷線。
これもまた翻弄された歴史を持っているのですが、結果的に今どきの「LRT(ライトレールトランジット:Light Rail Transit)」として、今日も多くの利用者を輸送しています。
山手線の大そとを一周、こんなLRTがぐるりと巡っていたとしたら、それはそれでしっかりと便利に機能していたのだろうなと思います。
…妄想が広がりますね。
鉄路はいつもいろいろな形で夢を抱かせてくれます。

東急世田谷線


最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: