スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲庁

浅草寺仲見世


浅草雷門から浅草寺が一望できる8階建ての台東区役所文化観光センター。
その8階には、浅草の景色が一望できる展望テラスの隣に喫茶室があります。

8階案内 表示


「喫茶室」、英語では「CAFE」
あいにくハングル文字は読めないけれど…
おっ! 中国語では「珈琲庁」っていうのかぁ!
正確には「广(まだれ)」じゃなくて「厂(がんだれ)」だから「庁」じゃないけど…。

「广(まだれ)」は、家に関する漢字に使われる部首。
鬼の住む家が「魔殿」で、占い師のいる家は「店舗」…。
「厂(がんだれ)」は崖を表す漢字に使われる部首だそうです。
切り立った斜面の上に平らなところがある。
そこは火サス・エンディングのロケ地になりやすいって…(?)

話を戻して、「珈琲庁」
喫茶店ならお店だから「广(まだれ)」の「庁」でしょう?
それとも、ここはしゅっと立ったビルの8階だから「厂(がんだれ)」なわけですか?

まあどちらでもいいですけど、「珈琲庁」っていうのも悪くないですよね。
珈琲の味や薫りに厳しく目を光らせている役所、「珈琲庁」。
インスタントの不味い珈琲を出す店には、「珈琲庁」の査察が入ってすぐに営業停止!
不当労働を強いる珈琲農場にも査察が入り、豆の価格を釣り上げる業者も即摘発。
法と薫りと味わいの番人、「珈琲庁」。
かくして世界中で香り高く美味しい珈琲が、安価で楽しめるようになりましたとサ、って。(笑

表示をよくよくみれば、「珈琲」もそれぞれ「王」偏じゃなくて「口」偏でしたね。

喫茶室 表示


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。