スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜マリンタワー 階段で上る

ひょんなことから、横浜マリンタワーを階段で上るというイベントがおこなわれることを知って、昨日、挑戦してきました。

「展望フロアを階段で制覇しよう!」 ポスター


天気予報では、そよ風が吹きあまり気温が上がらないと言っていた昨日。
実際にタワーの下にたどり着いた昼前は、気温も高くなく、微風が気持ちよく吹き抜けていました。

横浜マリンタワー


1階の受付に向かうと、「今日は天望フロアまで階段で登るというイベントもおこなっておりますが、いかがされますか?」と訊かれました。
上れることやらどうやら体力的に自身があるわけでもないのにやる気満々で来たことを悟られないように、「あ、そうなんですか? じゃあ、それで…」などとトボけた返事をして、ともあれエントリー。
案内係のおねえさんに一度建物の外に引っ張り出されて、タワーを背景に写真を1枚撮影してもらいます。

そして、階段は全部で335段、2階層の展望フロアの上階はビルの30階に相当する、展望フロアにはトイレがありませんので上り始める前に済ませてくださいなど、簡単な説明を受けて-
さあ、いざ出発です!

横浜マリンタワーを直下から煽ぐ


4階までは土台部分のビルの中の階段を上り、いよいよ屋外に出ます。
そこで見上げた横浜マリンタワーは、これまで見慣れた東京スカイツリーや東京タワーを思い出してみても、やはり小振りな印象は否めません。
それだけに、途中で挫折することなど、カッコ悪いことこの上ない。
もう一度見上げて心に誓う-
「見てろよマリンタワー、待ってろよ展望フロア!」

横浜マリンタワー 階段部分

横浜マリンタワー 階段部分


ここからはタワーの芯の部分に設置されている階段を上ります。
グレーに塗られた外側の鉄骨を回り込むと、中央の階段をはさんで両側に設けられたエレベーターが上下する空間(エレベーターシャフト)はカーキ色に塗られていて、意外とミリタリーな雰囲気。
かつて外側が紅白に塗り分けられていた時に内側がどういった色に塗られていたのかはわかりませんが、塩分を含んだ海風に晒されているタワーのこと、錆びや腐食が目立ちにくくメンテナンスがしやすい色調が採用されているのでしょう。
そんな階段にいよいよ上り始めます。

横浜マリンタワー 階段部分


人ひとりの幅の鉄の階段は、ステップはチェッカープレート(縞板)の滑り止め模様(リブ模様というそうです)が消えかかっています。
風雨の影響とそれに対してペンキを厚塗りしているせいもあるのでしょう。
そのせいか、鉄階段らしいカンカンという音は立たず、足許はかなりしっかりした印象です。
(雨のときは滑るんでしょうねぇ…)

踊り場から踊り場までのステップ数が20段ほど。
15~16回、身体の向きを変えたら展望台に到着といった感じなのでしょうか。

横浜マリンタワー 階段部分


鉄骨に囲まれた狭い階段をひたすら上っているだけなので、徐々に高度が上がっていることに対する意識はあまり盛り上がってきません。
ときどき階段脇をエレベーターが通り過ぎていくときだけ、雰囲気が乱されるだけ。
あとは意外と淡々としたものです。

階段の途中から西の方角を望む


ボク以外に誰も階段を上っている人がいないせいもあるのでしょうし、マリンタワーの周囲にある程度の高さの建物が建ってしまっているというのもあるのでしょう。
それでも隣接したビルの高さを超えて視界が広がったときには、上ってきたことを具体的に実感することができました。
西の方向に、JR石川町駅、横浜共立学園の校舎、また遠くには上大岡駅も見えました。

高さ88m 28階

さあ、ゴールまであと数段!


上りはじめてから、途中何度も立ち止まって写真の撮影などもしてきたのですが、わずか8分ほどで展望フロアの裾の部分、高さ88mの28階部分に到着。
記念スタンプを押したら、あっという間に29階、展望フロア下層階に到着です。

終始涼しい微風が感じられたためか汗もなんとなくかき始めたというレベルで、息が上がることもなく大腿部も膝も重く感じられる前に、上までたどり着くことができてしまいました。
意外とあっけなく…。

展望フロア上階から東の方向(横浜港)を望む


上ってみて気がつけば、前回マリンタワーに上ったのは、家族で初めて上った40年程前のこと。
高校や社会人になってからも何度となくタワーの麓の山下公園や中華街などには来ており、タワーを見上げることもあったのですが、上ったのはホント、久しぶりでした。

展望フロア上階から南の方向(港の見える丘公園~三渓園)を望む

展望フロア上階から北の方向(みなとみらい)を望む


この横浜マリンタワーを階段で上るというイベントは、年に何回か週末の2日間連続でおこなわれているそうです。
この日も、昼までに親子連れ含めて50人ほどが挑戦して、完全制覇の認定書と記念の缶バッヂを受け取ったそうです。
皆さんも、いかがでしょうか? なかなか気持ちよかったですよ。

認定書 記念缶バッヂ

港の見える丘公園から見た横浜マリンタワー



スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。