スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48

48今日、生まれて初めて 48歳 になりました。
48歳、干支をようやく4周したというわけですね。

先日、中学生時代の先生や仲間と会った時に、その中のひとりが「もう、干支(えと)の動物が変わっても、新しさが感じられなくなったね」とつぶやくと、他のみんなが「同感同感…」と納得していたのを思い出しました。


干支というと「子・丑・寅…」と続く架空の動物たち“十二支(じゅうにし)”を連想しますが、正確には「甲・乙・丙…」と続いて十番目の「癸(き)」まで、生命の息吹から絶息、そして次世代の誕生という回帰を表す“十干(じっかん)”と組み合わせて、60年で一周するものです。
“十二支”は4周しましたが、“十干”はまだ5周にも達しておらず、それらを組み合わせた“干支”はつまり10と12の公倍数ですから、まだあと12年も必要。
少なくとも、そこまでは毎年、新しい干支を迎えられるというわけです。

「子・丑・寅…」の“十二支”は子どものころから馴染んでいますが、今回改めて「甲・乙・丙…」と続く“十干”について学びました。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
…あ、“丁”がありますね。
ここでの意味は、「万物が動き、生まれ出ようとする気が満ちあふれること」だとのこと。
まだ確固たる大人になんかなってないんですね。(笑

ちなみに、1964年生まれの干支は、“丁”ではなく“甲辰(きのえたつ)”。
“甲”は「草木の芽生え、鱗芽のかいわれ」 を意味するのだそうです。
大人どころか、生まれたばかりの状態のようですね。
なるほど。なんだかボクにはこちらの方が合っています。

さあ、無垢な気持ちで今日からの一年間、48歳 を楽しみたいと思います。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。