東京シティ競馬にトゥインクルレースを見に行く

昨日は勤務先の有志の企画で、仕事のあとに競馬を見に行ってきました。
大井競馬場「東京シティ競馬」のナイター競馬「トゥインクルレース」。

東京シティ競馬 入場券

午後7時、券売機で入場料100円を払って、生まれて初めての競馬場に、いざ入場です。

出走表 出走表

コンコースの両脇に置かれた出走表。
「競走番組表」というんですね。手に取るだけでぐっと気分がぐっと盛り上がってきます。

メインスタンド裏ここがメインスタンド裏。
WELCOME!
右前脚(!)を挙げて来場を歓迎しているのは、東京シティ競馬のキャラクター “うまたせ君”

「子どものころから近所に来たり脇を通ることは頻繁にあったけど、ここに来たのは初めてだぜ、ぅ待たせ!」

東京シティ競馬

スタンドを通り抜けて、馬場に出てみました。
まだ明るさの残る空の下、第8競走が始まろうとしているところ。
広い空と、カクテル光線に浮かび上がる静かなコースが新鮮です。

第8競走 第8競走

ほどなくして発走。
向こう正面を駆け抜けた馬たちが、コースを右回りにメインスタンド前のメインストレッチまで来るのはあっという間。
先頭の馬が4コーナー出口に差し掛かるころから、場内に歓声が上がりはじめ、ゴールまでの数秒は今までの静寂がウソのように、観客それぞれが立ち上がり、熱く吠え、そしてゴール。

第8競走 第8競走

歓喜とため息の混じる不思議な余韻を残して、馬場はふたたび思い思いの静けさに戻っていきました。
他のスポーツでは感じたことのない、不思議な空気感です。

敵味方1対1ではない複数の中から、好き嫌いが基準ではない“勝ちそう”な馬+騎手を選んで、しかも単なる応援ではなく、お金を賭けるという世界。
ボクは純粋に、東京の空の下、馬が一生懸命走る姿が見たいとだけ思って来たのですが、スタンドにいる人たちの求めていることはやはりそうではないようですね。
勝ち馬を予想して幾ばくかのお金を投資、勝ち負けのスリルを味わうのも、楽しいことはよくわかります。
でも、どうやらボクの性にはあいません。
同行の同僚たちが勝馬投票券を手に、耳に鉛筆、競馬新聞に見入って予想を立てる中、ボクは場内をうろちょろして独特の雰囲気を楽しんできました。

イルミネーション 馬車
メインスタンド 返し馬

日もすっかり暮れて、第9競走は「ヘルクレス座特別競走」
今日の全11レースの中で最長の、1,800mを走って争うレースだそうです。
発走のゲートがメインスタンド右手の4コーナー出口からすぐの辺りに用意されていましたので、近くで見てみることにしました。

ゲート
出走前 出走前
出走前 出走前

出走前のウォーミングアップ“返し馬”も終えて、あとはゲートに入って走るだけ。
そしてファンファーレが鳴って、発走です。

第9競走

第9競走
第9競走
第9競走

スタートから1分半ほど、馬たちは1周1,600mのコースをまわって、再び4コーナーからメインストレッチにやって来ました。
コース脇のフェンスぎりぎりに立って見るボクの横で、いつからこの会場に来ているのか、酒でもうすっかりできあがっているよろよろした足取りのおじさんが急にフェンスににじり寄って、大声で叫び始めました。
「マトバ~! マトバ~! 行けぇ、マトバ~!」
…あー、騎手の名前を叫んでいるのね。

でも、おじさん残念。
1着は坂井英光騎乗の8枠12番、コジロー。
おじさんが叫んでいた的場文男騎乗の5枠6番のキョウワオリオンは3着でした。

同僚たちに合流して第10競走に臨みます。
同僚たちはまたしても、締め切り時刻ギリギリ真剣に予想。
そして、ボクはスタンドから高みの見物。

競馬に詳しい同僚の説明によれば、第10競走は今日のメインレースなのだそうです。
そこで改めて出走表を眺めてみると「第2回 優駿スプリント競走(SⅢ)」とあります。
聞けば、重賞レース。
出走表にはコース最大出走頭数16頭の名前が並んでいます。

第10競走 第10競走

距離1,200mは、2コーナーを抜けた向こう正面からスタートして、コースをU字型に走ってゴール。
コンパクトデジカメでは、遠いゲートはなかなかきれいに撮れませんね。

第10競走

4コーナーを回ってメインストレッチでラストスパートをかけるころには、スタンド前にこんな人数が…。

第10競走 第10競走

そしてゴール!
またあの独特な、歓喜とため息の混じる不思議な空気が漂います。

表彰式 表彰式

レース後は重賞レースらしく、表彰式がおこなわれました。
表彰式には、なにかのイメージキャラクターということで、アイドルグループの「YGA」が登場。(YGAって、誰々?)
優勝の5枠10番ゴールドキャヴィア騎乗の御神本 訓史(みかもと のりふみ)騎手は、足首骨折から7か月ぶりの再起戦で復活劇を飾ったのだそうです。

第11競走
第11競走 第11競走
第11競走
第11競走 第11競走

続く最終レース、第11レースもスタンドから観戦。
間もなく午後9時という、午後8時50分出走は、川崎競馬場と並んで、日本で2番目に遅い出走時刻なのだそうです。

全レース後の 東京シティ競馬


夏至から間もない、湿度が低く涼しかった昨日の晩は、そんな時刻でもまだまだ宵の口。
研究の成果か偶然か、運か実力か…。
数100円を1,000円ちょっとに増やした先輩社員たちを冷やかしながら、競馬場をあとにしました。
その後、同僚たちは酒場に向けて消えていきましたとさ。

賭け事には全く興味は湧きませんが、あの静かで広い空間で各レースゴール前15秒の狂気とゴール後の独特の空気、そしてなによりそんな人間たちそれぞれの思惑など関係なく、真剣に走る馬と騎手の姿、そんなのが良かったですね。
日中も含めて、またいつか行ってみてもいいと思いました。

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: