神谷バー 『デンキブラン』

高尾山登山の話の途中(しかももはや下山中)ですが、ここで一回休憩。お酒の話。

カミさんが合羽橋道具街で探しものをしたいからということで、その前に浅草で腹ごしらえをすることにしました。
そこで行ってみたのが、ボクは数年前に仕事の折にランチをいただいたことのある、神谷バー へ。

神谷バー 外観神谷バー は言わずと知れた、東武線浅草駅前に大正10年(1921年)からあるおしゃれなバー(1階)で、2階がレストラン、3階が和風割烹になっています。

東京メトロ半蔵門線と東武伊勢崎線が直通運転をするようになってから、東急田園都市線にも東武鉄道の車両が乗り入れるようになり、そんな東武の車両に乗った時によく目にするのが、レトロなイメージで小粋にまとめられている 神谷バー のポスター。
単純に想像をかき立てるだけの デンキブラン という文字が妙に気になっていたのでした。

ふだんアルコールは飲まないボクですが、スピリットをワンショットだけならば、飲めないこともないのです。
そんなわけで、ずいぶんと久しぶりに“外で飲む”ことにしました。

デンキブランデンキブラン は、もうすでに100年以上の歴史のあるカクテルなのだそうです。
ブランデーをベースに、ワインやキュラソー、ジンや薬草が入ったものと公式サイトにはありました。

これはアルコール度数が30度のものですが、40度の電氣ブラン<オールド> もあるのだそうです。
ブランデーにジン、そして薬草と、ちょっとクセの強いものばかりで作られたカクテルですが、口にしてみると、いやこれ確かに、クセになりそうな飲み口ですね。美味しいです。

そのむかし、映画を見終わって一杯十銭の デンキブラン を1、2杯飲んでいくというのが庶民の楽しみだったということですが、今でもこれ一杯は 260円。
十分に庶民の楽しみです。


料理もたいへん美味しく、なかでも「いかのハンガリー風炒め」は、初めてなのにかつてよく食べていたような気を起こさせる、なんとも懐かしくも新しい味で、お薦めです。

いかのハンガリー風炒め
もつ煮 串かつ
たこのスモークサラダ スパゲティ・ナポリタン


浅草は、世界の中でも有名な一大観光地で、神谷バー も有名なお店ですが、未体験の方にはちょっとお薦めのお店です。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: