「初めて」をテーマに今年の自分を括る

2006年の年末にお送りした Vol.69 に、「今年はあまりお送りしなかった」という記述のあるこの 「ノンキな通信」 ですが、今回はホント、長い間お送りしておりませんでした。
前回の Vol.74 から実に1年10ヶ月もの間ができてしまいましたが、そんな怠惰だった自分は捨て去って心機一転、初めて取り組む気持ちで、今回はお送りしたいと思います。
そんな今回は、毎年一番最後にお送りする「ノンキな通信」恒例の、ボクの今年一年の総括。
今年は、「初めて」をテーマにまとめてみたいと思います。

●「初めて」の体験
 ・キノコ狩り(3月初旬・真鶴):同じ日にイチゴ狩りと夜梅鑑賞
 ・クルマにETCを装着(3月中旬):助成制度を利用
 ・スノーシュー体験(3月下旬・志賀高原):初めての雪国
 ・地元自治会に出席(4月中旬~):マンションの理事として
 ・キャンプ体験(5月上旬・伊豆)初めてのキャンプ体験
 ・乗馬体験(5月中旬・富士山麓):社員旅行の一環
 ・JAFを呼ぶ(7月中旬):クルマのラジエタが爆発してエンコ
 ・キャンプ体験(8月下旬・朝霧高原)初めてのテント泊
 ・タカラヅカ観劇(9月下旬):雪組「ロシアン・ブルー」
 ・サーカス鑑賞(11月中旬):「Corteo(コルテオ)」

志賀高原でスノーシュー体験(3月下旬) 富士山麓で乗馬体験(5月中旬)
朝霧高原で初めてのテント泊(8月下旬) シルク ド ソレイユ 「コルテオ」(11月中旬)


11月下旬に、初めて45歳になりました。
この“初めての~歳”という表現は、「おすぎとピーコ」のピーコさんが朝日新聞のエッセーで、小説「橋のない川」などで有名な作家、住井すゑさんが95歳になった時、ラジオの番組の中で「初めての95歳。楽しみだわ」と話したと書かれていたものをそのまま借りた表現です。
95歳にもなってなお、「初めての95歳」とこれからの日々に期待を抱く気持ちを持つこと、ボクも見習いたいと思います。

今年は、スノーシューや乗馬といったスポーツにキャンプと、ボクのこれまでの人生において(…そんなに大きく出るか!?)も意外なほど、アクティブなことに挑戦した一年でした。
スノーシューは仕事の一環ではありましたが、任意の環境活動に自主的に参加したもの。乗馬体験は、今時の社員旅行の選択肢としてあったものの中から、「こんな機会でもなければできないものを」ということで選んだもので、どちらも自ら選んだというところが、これまでの自分とは異なるものでした。
5年前に椎間板ヘルニアを発症して、その後今に至るまで、右脚にしびれが残っているということが、ボクを“健康”にも向けさせているのだろうと思いますし、来年以降も少なくともしばらくはアクティブにいくのでしょう。
我ながら楽しみ、と言ったところでしょうか。

最後に、今年良かった映画とコンサートを紹介して締めくくることにいたしましょう。

●今年劇場で見た映画(7本)
 ・「マンマ・ミーア」(1月)
 ・「THIS IS ENGLAND」(3月)
 ・「スター・トレック」(5月)
 ・「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」(9月)
 ・「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」(10月)
 ・「風が強く吹いている」(10月)
 ・「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(12月)
 ・「アバター」(12月)

特に良かったのが、「マンマ・ミーア」「THIS IS ENGLAND」、そして、「アバター」

「マンマ・ミーア」 「THIS IS ENGLAND」
「アバター」


●今年見に行ったコンサート(1本)
 ・「SIMON AND GARFUNKEL」(7月)

最も好きなアーティストのひと組で、もう二度と来ないだろうと言われているグループです。
中でも好きな曲、「Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)」の時には涙が出るだろうと想像していましたが、なぜかその気配は全くなし。
ここ数年常に心にあった、“もはや取り戻せない時間への無常感”みたいなものが、最近ようやく薄らいできている模様です。
それが良いことなのか、悪いことなのか…。
ともあれ、意外にも衰えていなかったアート・ガーファンクルの歌声を堪能、大いに感激したのでした。

SIMON AND GARFUNKEL(7月中旬)


以上が、2009年のボクの総括でした。
「チェンジ」という言葉をいろいろな場面で聞くようになって、実際にいろいろな仕組みや考え方が変わろうとして来つつもあります。
とはいえ、今の社会はなぜかどんどん悪い方向に向かっているような印象ばかりが強く、いったいどうなってしまうのだろうと心配にならないわけでもありません。
2000年から始まった2000年代最初の10年が今日で終わり、明日からは、2010年代の始まりです。
今年までが「変わる年」なのだとしたら、来年はボクたちの方が「変わらなければならない年」なのだろうと思います。
いろいろ「初めて」のことに挑戦して、あれこれ試行錯誤しながら良い方向を模索していく、そんな1年にすることを求められているのでしょう。
やれやれ、そういう風に情熱的で能動的でいなければならないのが最も不得意なのに…。

今年は本来Blogを開設していたDoblogが突然閉鎖すると言い出して、それからあれこれ試行錯誤してこのFC2に移ってくるなどということも経験しました。
それに伴ってもうBlogは続けないと去っていってしまった方々もいらっしゃいましたが、FC2に来てからお友だちになったような方々もいらっしゃいます。
基本的に、ボクの言いたい放題に対する皆さんからのコメントでこの「日々の一筆箋 2」は成り立っています。
そういったわけですので、ホント、読者の皆さまには感謝しております。
今年一年、たいへんお世話になりました。
おそらくこれが今年最後の更新になるだろうと思いますが、来年もまたよろしくお願いいたします。
それでは皆さん、良いお年を。

ノンキな通信…Vol.75
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: