全く嫌な世の中になってしまったものだ。

この前の休日、近所の駅からいくつか乗った住宅街の駅の改札前で
待ち合わせをしていた時のことである。

この日は休日だから、ボクはいわゆるカジュアルな服装をして、帽子を
かぶっていた。
ダウンジャケットのポケットに両手を突っ込んで、ただぼーっと立っていると、
身なりはきちんとして、歩き方も遅いわけでもなく、きちんとした初老の
女性がボクの前を通り過ぎようとしていた。
と、その時である。
「なぁ~に、帽子なんかかぶっちゃって、カッコつけやがってよ!」
急にダミ声で罵られてしまった。

この駅は年間に一度利用するかどうかという駅なので、知り合いも少ないし
もちろんこの初老の女性は、ボクの知り合いではない。
別に危害を加えられたわけではないので、気にはしていないが、そこで
ふと思い出したのが、ドン・キホーテの放火事件に関わっているのでは
ないかということで疑われている女性のこと。
つまり、“こういう人”だったのではないかと思ったわけである。

見た目だけでは全くわからないけれど、突発的にとてもたいへんな事態を
引き起こしてしまうような行動に走ってしまう人。

景気の低迷によってなんとなく世知辛くなってきてしまった日本には、
今後もこういった心的な病巣を持たざるを得なくなった人々が増えてくる
のだろうと思う。
全く嫌な世の中になってしまったものだ。




続きを読む

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: