中型犬がうちにやって来た!

源太が新しい飼い主さんの元へ行ってから、もうすぐ2週間が経とうとしています。
お陰様で彼は元気に新しい犬生を歩んでいるようです。
源太と一緒にいた2ヵ月間は笑いの絶えない、楽しいひとときではありましたが、一方でいろんなことも考えさせられました。
たった2ヵ月で新しい飼い主さんにめぐり逢えたことは、私たちにとって、そして何より源太にとって、大変ラッキーな結末となりました。
でも源太のような迷い犬が、この先出ないとは限らない。
源太と出会ってから今日までに考えたことを思いつくまま少しずつ書いていきたいと思います。

うちで飼っているのは小型犬のミニチュア・シュナウザーとビーグルです。2匹とも体重は10キロ以下で、体高は50センチもありません。態度こそ大型犬並みに(?)デカいけれど、見た目は正真正銘のちびワンです。私はちびワンとの生活しか知らなかったんですね。



実家で物心ついてからずーっと犬のいる生活をしてきました。
「101匹わんちゃん」でおなじみのダルメシアンを飼ったことはあるものの、あとはテリア系の犬ばかり。みんなちびっ子です。体重が20キロ以上を超える中型犬を家に上げるのは、ウン十年ぶりの経験でした。毎日が驚きの連続で新鮮ではあったけれど、戸惑うこともたくさんあったなあ。

まず散歩に戸惑いました。
源太は引っ張り癖が少しあったので、チョーク(犬をコントロールするため、首輪の代わりにつけるチェーン)を付けて散歩をさせていました。うちの2匹は小型犬。チョークを装着するほどまでにはリードを引っ張りません。またチョークは使い方を間違えると犬の体を痛めてしまうので、小さな体の うた&らくには付けたことがありませんでした。なのでうちは夫婦ともにチョークの初心者、若葉マークです。源太が引っ張って先へ先へと急いだ時に、どの角度でチョークを引けばいいのか、また力の加減など、コツを覚えるまで時間がかかりました。

最初は「源太の首が絞まったらどうしよう」なんてこわごわ歩いていたんですけどね。やはり源太は大きくて頑丈な犬でした。チョークを絞める力を手加減していたら、強風にあおられたみたいに私は源太に引っ張られ、飛ばされそうになりましたよ。ちょっとやそっとの力でリードを引いても、源太はめげないワンコでした。

2日ほど経ってこちらも力加減に慣れ、源太の歩くリズムにも慣れ、ようやくお散歩らしいお散歩ができましたが、最初の頃の私と源太の珍道中は見るも無惨なもの。中型犬・大型犬の熟練飼い主さんが見たら、「危なっかしいなあ」と失笑されたと思います。
でも弁解させてください。マギー審司氏の手品じゃないけど、「でっかくなっちゃった!」状態でうちに来た子なのです。子犬の時から一緒に暮らしてきて、成長を見届けてきた犬ではないんです。ミニクーパーに乗っていたのが、急にバスを運転することになったと表現したら、この感覚、分かっていただけるでしょうか。



でも源太と歩くのは楽しかった。地面の上を歩いてる実感が湧くんです。
うたやらくは体重が10キロ以下のちびワンですし、足が短いから当然、歩幅が狭い。私が1歩進む間に2匹はシャカシャカシャカと、3歩くらい踏み出しますから、せわしないっちゃあ、せわしないんです。
特にビーグル犬の らくは狩猟犬という犬種の特性もあって、道を歩く時は必ず地面に鼻をつけ、においを嗅ぎながら前に進みます。顔を上げることなく時にはジグザグ走行で歩くものだから、せわしなさに拍車がかかります。

その点、源太はゆったりと大きく足を踏み出すから、歩調は合わせやすかった。
20キロの体重を支えているだけあって、一歩一歩に中型犬のどっしりした重みも感じられました。その重みがリードから伝わって、「一緒に地面の上を歩いているんだな」という実感がふつふつと湧いてくるんです。私の腰のあたりに源太の頭はあったし、目が合わせやすく命令も出しやすかった。
小型犬のお散歩は体重が軽いという点ではラクチンです。でもちゃんとしつけを入れれば中型犬も思ったほど散歩は大変ではないし、一緒に歩いている感覚はより強かったですね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


源太が大きい犬なんだな、と改めて感じたのは、ドラッグストアへ買い物に行った時のこと。
うた&らくに比べて源太は頭が大きいし、アゴの力が強い。当然、噛む力が違いました。長さ15センチほどの犬ガムを与えてやると、らくが半日がかりで完食するものを源太は23分できれいサッパリ平らげてしまう。
うたなんて1週間経ってもガムの原型を留めているものをですよ。
バキバキバキ!大きな音を立てて、気がついたら「ごちそうさま」ですもん。そこで、もう少し食べ応えのある骨太のガムを買ってやろうと、一駅先のドラッグストアに出かけたんです。だけどいくら探しても大きなガムが商品棚にない!2軒ハシゴしましたが、超小型犬あるいは小型犬用の、ちっこくて ほっそーいガムしか置いてないんです。近所のペットショップでも、噛み応えがありそうなものはゼロ。

これは私が住んでいる周辺の住宅事情を反映しているんでしょうね。
うちのマンションでもペットは2匹まで。しかも体高が50センチまでの動物、という規約がある。犬が好きで、大きなワンコが欲しくても、世の中の事情が許してくれないんです。今回、源太を引き取ってくださったHさんも、「中型犬を飼っていいと許可してくれる大家さんがなかなかいないんだよね」、とこぼしていらっしゃいました。
うちで10日間ほど源太を預かった時は、隣近所のお宅に事情を話したうえで、源太を迎えました。

確かに集合住宅の場合、犬の嫌いな住人やアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。小さい頃 犬に咬まれたとか、追いかけられて大嫌いになった、という話をよく聞きます。子供が遊ぶ公園によくウンチが放置されてる=犬は汚い、と思っている方もいらっしゃる。でも一番悪いのは犬ではなく、その犬の飼い主さんなんですよね。
犬嫌いの人を犬好きにさせることは難しいけれど、飼い主さんのマナーの向上で犬への世間の印象ってずいぶん違ってくると思うんですよ。ウンチを拾うとか、リードをつけて散歩させる、なんていうのは当たり前の話ですが、散歩の途中で前から人が歩いて来たら道を譲る、とか、そんな些細なことでも印象って変わると思うんだけど、考えが甘いかしら?

集合住宅で大きな犬を飼うのは、犬にとっては多少、窮屈かも知れません。
大きな犬は吠える声も大きいし、犬嫌いの人は見るだけで固まってしまうかも知れない。でも飼い主さんの躾の入れ方やマナーの向上で、犬への理解を深めてもらうことって少しはできるんじゃないでしょうか。
畜犬センターなどに収容される犬たち。大きいワンコたちはなかなか引き取り手が見つからないと聞きます。“ガタイ”が大きいから助けようか助けまいか、二の足を踏んでしまう状況って何だかおかしいと思いませんか?
私も最初に源太と会った時、「この子助けてやりたいけど大きいなあ。マンションの規約が…」と一瞬ちゅうちょしたのは事実です。(源太、ごめんよ)

犬が好き→犬が飼いたい→でも家の問題があって大きい種類は飼えない→小さいワンコに人気が集中→特定の犬種の安易な繁殖が進む…

大きい犬を飼った→仕事の都合で転勤・お引っ越し→犬をあきらめざるを得ない→大きい子なので里親さん探しが大変そう→やむなく捨てる… この状況って、世の中の事情を変えない限り、いつまで経っても変わらないんじゃないでしょうか。

どうします?このまま人間の子供の数よりペットの数が増えていって、「猿の惑星」 ならぬ 「犬の惑星」 なんて事態が起きたら?そんなことはあり得ないけれど、犬が人間を支配する世界…。考えただけでも怖いなあ。きっと私たちは今までの仕返しをされますよ。
「お前は体が大きいから、この家の奴隷にはなれない!」とか、「お前は声が大きいから、ここには置いてやれない、出てけ!」なんて言われて「畜人センター」に連れて行かれるの、私はイヤだなあ。でも今現実に、犬だけじゃなく、人間のご都合主義で捨てた動物に対して、私たち ひどいことをしているんですよね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


私もできたらお気楽に犬と暮らしていきたい。
ドッグランへは毎週のように通いたいし、たまには犬を連れて旅行にも行きたい。でもそればっかりじゃダメなんじゃないかって、源太と出会ってから思うようになりました。個人レベルで考えるべきこと、やれること、いろいろあるんじゃないかと思うんです。疑問に感じていることも、まだまだあるので、こんな感じで書いていくつもりです。よかったらまた読んでやってください。
不定期に続く?… 予定です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

それから、まだどんな子か分かりませんが、もしかするとまた里親さんの募集をかけるかもしれません。ダックスとパピヨンのミックス犬で6ヵ月の可愛い盛りの男の子です。飼い主さんの都合で飼えないそうです。一時預かりできる方がもしいらっしゃいましたら、ご一報いただませんか? よろしくお願いします。



続きを読む

迷い犬をめぐる話:家族になった日

源太が旅立つ日の朝のらく。

去ってゆく源太にあっかんべー? 別れが寂しくて泣いてる? まさかね。
うた兄ちゃんとケンカして目を傷つけたのか、この日は右目から大量の
目ヤニ。拭かれるのを嫌がって逃げ回っていたのをようやく捕まえて、ティッシュでぬぐっているところです。

らく「おれの世界が暗いぜ、ベイベー! 母ちゃん、明るくしてけろや」

じゃ逃げないでくれる? 朝っぱらからまったく…。あんたのせいで待ち合わせの時間に遅れたよ。


同じ日。ここにも目ヤニを取ってもらっている犬が。
新しい飼い主さん(Hさん)の元へ嫁いだ(!)源太です。

着いてまもなくHさんの奥様が源太に声をかけました。
「あらあら、ゲンちゃん。目ヤニがついてるわよ」
奥様はそう言うと、両手で源太の顔を包み込み親指でそっと目ヤニをぬぐわれました。源太もおとなしく体を預けています。
奥様はこの日初めて源太と対面されたのです。

それは鼻水を出してる小さい子がお母さんにチンしてもらっている場面や、ダンナさんの曲がったネクタイを奥さんが直している場面に通ずるものがあって、見ていて心が温かくなりました。
何年も一緒にいる飼い主さんとワンコのような関係がそこにはしっかりと築かれていました。

源太「目ヤニも取ってもらったし、おいらの世界は明るいぜ、ベイベー!」

らくの目ヤニ取りは、騒々しいドタバタ劇でしたが、源太のは心温まるホームドラマでしたよ。
目ヤニつけてると、たまにはいいことあるんだね♪ いい大人がつけてると恥ずかしいけどね♪


同じ日の夜。源太とサヨナラして帰宅したらくさん。
目ヤニも取れて視界が開けたのでしょう。
飼い主が夕食を食べに外へ出てる間に、キャンディー1袋をペロっと完食されました。それも小袋を1つひとつ器用に開けて…。
どうやらうちのワンコはドタバタ劇しか演じられないみたい。
飼い主に似たんだね、きっと。


同じ頃、Hさん宅で最初の夜を過ごしていた源太。
散歩の途中で一度リードが外れ脱走したようですが、15分もするとHさんの元へ戻ってきたとか。どうやら自分自身の意志で、迷い犬に決別した模様です。

源太「あなたが道を照らしてくれるから、もう迷わないぜ、ベイベー!」

目ヤニを取ってくれる人が待ってるってことは幸せなことだよね。
Goodbye, 迷い犬ゲンちゃん。
Hello, 悪源太くん。また会おう。

今日の文責は「wa!」でした。


続きを読む

迷い犬をめぐる話:源太、ムコ入り~でき過ぎの大団円~

武蔵野、調布にあるドッグランで、今日、源太を新しい里親さんにお渡ししてきました。

画像は、らくと楽しそうに走り回る源太。らくの後ろにはパクチーちゃん。
ずっと向こうの人々とワンコたちは、いつものランの仲間。
みんな、源太の門出を祝いに駆けつけてくれました。ありがとう。


源太はこのドッグランの常連さんになる予定。
今日でお別れですが、うたもらくもたまには遊びに来ることになるでしょう。
(我が家からクルマで1時間。遠くないしネ)


源太がこのドッグランに来たのは2度目。
新しい里親さん、Hさんにお会いするのも2度目。
もう、新しい環境に移ることがわかっているかのように、とても良い子にしています。
源太、Hさんを困らせるんじゃないよ。


いよいよ、源太を迎えるために引っ越したばかりのおうちに向かいます。

「さ、源太、行くぞ」
そのひとことで、源太はHさんに従って歩き始めました。


えーと、この画像は源太専用の芝生です。
ここが源太の新しい住まいです。
ここから、源太の新しい生活が始まります。
Hさんの奥様にもすっかり馴染んで、ボクたちがこれ以上心配することは何もありません。Hさん、よろしくお願いします。
良かったね、源太。もうこれで何も心配することはないよ。

…というわけで、以上で9月30日以来続いてきた「迷い犬をめぐる話」は、おしまいです。
源太はこうして、ボクたちが望んでいた理想よりさらに良い結果に落ち着くことができました。
ボクたちがあの日に源太と会って以来、源太のことに関わったり、気にしてくださった方々全てに、改めて感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。


続きを読む

迷い犬をめぐる話:源太、ムコ入り前日~ラストラン~

明日、里親さんのもとに行く源太。
いつものドッグランに来るのも、とりあえず今日が最後です。
そんなことを知ってか知らずか、ランでは相変わらず人が変わった、
あ違う違う、犬が変わったように走り回ります。


源太が走れば、つられて他のワンコも走る走る。
あまりの速さに、シャッターを切る手が追いつきません。


そんな中、他のワンコに気を取られているソルくんを見つけると、

ロックオン!


今日もソルくんを押さえ込んで…

いっぽ~ん!


今日もまた、楽しいひとときを過ごしたのでした。




続く

…え?


続きを読む

迷い犬をめぐる話:源太、ムコ入り前日~ラストラン写真集~

…というわけで、続き。今日の源太の写真集です。

その1



その2


その3


その4


その5




そして


続きを読む

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: