スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『Don't Blink ロバート・フランクの写した時代』

《映画紹介》
写真界の巨匠ロバート・フランク。
1958年の写真集「The Americans」は表層で栄光と繁栄に沸く大国の真の表情を捉え、”その後のアメリカの在り方、見方に圧倒的な影響を与えた一冊”と称される。また、米インディペンデント映画の祖として、ジム・ジャームッシュ監督らからも尊敬を集めている映画監督でもある。本作は、大のインタビュー嫌いで知られるフランクが、その人生を初めて語ったドキュメンタリー。いま激しく価値観が揺れる米国の中で、その人生は私たちに何を示唆するだろう?



『Don't Blink ロバート・フランクの写した時代』


スイスからアメリカに渡り全米を移動しながら庶民の何気ない一瞬をカメラで捕らえた写真家、ロバート・フランクのドキュメンタリー。

日本での映画公開を前に配給会社がロバート・フランクに日本人に向けたメッセージを求めたところ、彼は、写真家であること、年をとって死ぬまで写真家であり続けること、写真家として死んでいくことは可能かということについてちゃんと理解してほしいと語りました。
自分のなすことがなんであれ、それを大切に続けてほしいというメッセージは、どんな状況にあっても自らのスタイルを変えずに信じるやり方を貫いているロバート・フランクならではのもの。

アメリカの市井の人々を写した作品は当初評価されず、また評価され始めてから活動の場を写真から映画に変えていったことに世間からは写真を辞めたのかと問われるようになります。
しかしそれは、商売としての成功を求めて活躍の場を変えていったわけではなく、表現の可能性を求めて手段を変えていったこと。
実験的な挑戦は往々にして多くの人々、特にマスコミには理解されないものです。
インタビュー嫌いが故にこれまで多くを語るシーンは記録されていなかったということになっていますが、それはインタビューをする側に問題があったのだということがわかってきます。

この作品では、なるべく意識させないようにカメラをまわして監督や彼を取り巻く人々が自由に喋りかけることで、彼が気軽に言葉を発せられる環境を創り出し、自然な姿を垣間見ることに成功しています。
彼が発する言葉は多彩で、そのひとつひとつが実に示唆に富んでいます。
信じる道、自分のあるべき姿を追い求める男の発する簡潔なひとことは、直感的ながらブレがなく、すっと心に落ちてきます。
意外な展開も涙が出てくるような結末もあるわけではありませんが、骨太に道を進むひとりの男の情熱が伝わってくる温かい作品でした。



スポンサーサイト

四十年近く放置されていた電車を見に行く

ボクが耳にしたいくつかのうわさ話ですのでそれぞれその真偽のほどはわかりませんが、まとめ直して物語にしてみますので、絵空事と読み飛ばしていただければと思います。

何十年か前のこと、子どもたちのために地元にゆかりの電車を展示しようと埼玉県の川口市の児童施設が考えたのだそうです。
川口といえば国鉄時代から京浜東北線沿線の街。
現在展示してあるかつて東北線で活躍していた蒸気機関車の隣に、親しみのある京浜東北線の電車を置いて、楽しんでもらおうということになりました。
そこで、担当者はさっそく電車を譲り受けるために動き出しました。
川口駅を通過してしまう東北線ではなく、慣れ親しんだ京浜東北線の電車を…。
簡単には見つからなかったのですが、見知らぬところから格安で手に入れられそうだという情報。担当者氏は飛びついて、晴れて展示ができる運びとなりました。

施設への搬入当日、トレーラーに載せられてやってきたのは、なんだかちょっと小振りの見慣れない赤い電車でした。
「なんだ、これ?」
誰もがそう思ったその電車は、京浜急行という私鉄で活躍していたデハ230形236号車という車両で、長年活躍してきましたが後進の新型電車と入れ替わりで引退したものだったのでした。

それでも236号は児童施設では大切にされてきました。しかし後年、地方自治体の統廃合や業務内容の見直しに伴って児童施設が廃止されて管理者が代わると、管理保存が行き渡らなくなってしまい、錆や腐食、損壊などは補修されることもなく放置されるようになり、荒廃が急速に進んでしまいました。
それを受けて一旦は解体に向けて予算が計上されたようですが、それすら凍結され、ただ放置されて自然に朽ちていくのを待たれているだけという状態に陥ってしまいました。

236号をなんとかしてほしい。
ファンの間などからは心配して先行きを危ぶむ声が上がっていました。
されど、京急線とは縁のない地のこと、ファンはなんともやりきれない気持ちでいたのだそうです。
縁もゆかりもない地に連れてこられて、結局はさほど親しまれもせずに、保護や管理もされない状況に置かれてしまった236号…。
自治体にしてみれば長さ16mの巨大な産業廃棄物を公園内に放置していることになるわけですから、それは解消しなければいけません。
そこで昨年夏、公募で引き取り手を探すことにしたのです。

それからおよそ2ヶ月、ファンには素敵な展開がもたらされることになりました。
2019年秋に東京都内から移転して横浜市のみなとみらい地区に建設を予定にしている京急グループの新本社ビル、その1階で展示・保存していきたいと名乗りを上げたのです。
そうです。京急に返り咲くことになったのです。

今年4月、京急は正式に236号を整備し、復元をすすめる予定だということを表明。
そしていよいよ今月下旬、236号は40年近く過ごした埼玉県川口の地を離れてふるさと横浜に戻り、ようやくきれいな姿に戻してもらえることになりました。

縁もゆかりもない土地に引き取られて、ホントかどうか真偽のほどはわかりませんが、さほど親しまれることもないまま、あとは朽ちて崩れ落ちる日を待つだけという状況まで追い込まれながら、ぎりぎりのところで生みの親に救われた236号。

京急230形 236号


京急230形 236号 京急230形 236号

京急230形 236号 京急230形 236号

京急230形 236号 京急230形 236号

京急230形 236号 京急230形 236号


写真は5月21日朝の姿。
むかしの電車は駆動系などの足回りと車体の更新時期が異なるものが多く、つまり、車体はそのままに台車やモーターなどだけを新しくしたり、その逆に台車や床下の電機部品はそのままに車体を載せ換えるなどということが頻繁におこなわれていました。
この236号も例外ではなく、元を正せば車齢は80年近くにもなる車両で、その間、車体も足回りもちょっとずつ手を入れられて最初の引退までの約40年間、公共交通の大黒柱として活躍してきました。
それまではメンテナンスを受けていたのです。そしてその後のメンテナンスが受けられなくなっておよそ40年。
工業製品としての役目を終えてから40年。そして空白の40年を経て今度は産業遺産として再起する236形。
どこまで整備されて復元されるのでしょう。
新本社に展示された折には、ボクもその再生された勇姿を見に出かけてみたいと思っています。
実はボクはこの車両が現役で線路上を往来していた時代のことは知らないのですが、どうかきれいに修復されて、今後は末永く保存されていくことを願ってやみません。

「ごうどいち」 を見に行く

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

地元のネット媒体で “べらぼうに美味い” と評された珈琲とさつま揚げをはさんだ 「開港バーガー」 などマスターのアイディアが満載の不思議なカフェ「立寄処 道中」が、毎月第一日曜日の午前中に東海道・保土ヶ谷宿で開催されている「ごうどいち」に初めて出るというので、見物しに立ち寄ってみました。

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

「保土ヶ谷宿(程ヶ谷宿)」は東海道五十三次の四番目の宿場町。
「ごうどいち」は、その宿場町を構成する町のひとつ「神戸町(ごうどちょう)」で開催されている市のこと。
漢字で書くと「神戸市」(こうべし?)になってしまうので平仮名表記なのだそうです。(笑

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

旧東海道に並ぶ商店街の一角の空間に、地元保土ケ谷区を中心に地産地消の新鮮な野菜などの出店が十軒ほど。
むかしの保土ヶ谷の写真なども並べられて、地元の今むかしの両方を紹介して興味を持ってもらおうという意図も充分に感じられました。

東海道保土ヶ谷宿

武蔵国の外れの宿場町。
今でこそJR横浜駅の次の駅という印象ですが、東海道ではこの宿場を発つといよいよ隣の国に入るという旅立ちの街。
電車で何度も通ったことはありましたが初めて降り立った保土ヶ谷の街に、マスターのおかげでちょっとだけ触れることができたひとときでした。

旗日

泰然自若としている風に見えて、海に浮かぶ船のように肉眼では判らない程度にゆっくり大きく揺れているのが、施行から今日で70年を迎えた日本国憲法。

護衛艦

護衛艦


護衛艦 いずも が任務を受けて出航したので全容が見えるようになった護衛艦 きりしま をはじめ、停泊中の護衛艦には国際信号旗が万国旗のようにあしらわれていました。

向かいのプラットホームで…

170429 380

170429 381

170429 382


ホームの外れでガチャリと音を立てた転轍機とシンクロしたように思ったのですが、
やっぱり気のせいですよね。(笑

-土曜日の京急電車、堀ノ内駅にて-
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。